Visione

モテる愛され肌を 正しいスキンケアで実現

LINEで送る
Pocket

うなはだけって知ってますか?

 
 
 

魅力的な肌の条件の頭文字をとった言葉です。

 
 
潤い、なめらかさ、ハリ、弾力、血行
 
ここにつ、を加えて、艶も入れたいのは大人肌ですね、
 
まさに艶めく愛され肌を目指したいからです。
 
 
 
潤いは水分
なめらかさは、老廃物除去
艶は脂分
ハリは角質層の充実
弾力はコラーゲン力
血行は毛細血管力
 
 
逆に言うと、
 
 
 
乾燥して
老廃物が溜まって
脂っけもなく
角質層が乱れていて
コラーゲンが破壊されてい
血行が悪い
 
 
 
状態が、老化した、しぼみ肌。
 
 
愛され肌とは真逆の、男性からだけじゃなく、女性からも、老いも若きからも、魅力的には見えないですね。
 
まさに、とれたての果実が、枯れて朽ちていく果実のような見た目の印象の違いです。
 
 
 
 
一つ一つ見てみましょう。
 
 

 

潤いとは

 
 
水分量。どこの?お化粧水をどれだけつけても、必要な水分はお肌の奥に届いているでしょうか?
 
 
 

滑らかさとは

 
 
外側、内側の老廃物は定期的に排出出来ていますか?代謝が整ってますか?
 
 
 

ハリとは

 
 
角質層の間の、細胞間脂質が足りなくなると、ハリがなく、表面がシワっぽく見えます。お化粧品で足さなくても、自分で整えられる肌力を持ちたい
 
 
 

弾力とは

 
 
コラーゲンは増える、減る、というお話ではなく、古くなったコラーゲンを排出し、新しくコラーゲンを作るという、お肌の代謝機能が整うこと、つねに、コラーゲンの入れ替え作業が出来る肌力を整える事が大事です。
 
コラーゲンは繊維状で、網目を構成して、弾力を作っています。コラーゲンを飲んでも、塗っても、お肌のコラーゲンという形にはなりません。
 
 
 
 

毛細血管の流れ

 
 
血液の流れはリンパの流れにも影響します。良質な食事や睡眠で、毛細血管の流れをよくすることと同時に、
 
 
一番毛細血管の多い「お顔」の場合は、肌力を整える「マッサージ」が必要です!ただし!擦ったり叩いたり、トントン、ビリビリ、の刺激は毛細血管の裂傷によって、一時的に赤みが出る事がありますが
 
 
理想は、なにもしなくても、ほんのり頬が赤く、全体のトーンが明るい「常態」を作ること。
 
 

やった時だけ、赤みが出る、というのは、刺激でシミやシワを作るだけで、翌日には元通りなので、ご注意くださいね。

 

 

脂分とは

 

 

本来自分の肌が脂を出す力を取り戻すことが大事です。油分たっぷりのクリームや美容液、最近ではクレンジングにまで油分が入っているのですが、人間に必要なのは皮脂と似た性質の脂分。

 

油まみれなのに、肌に艶が出ない方、多いようですが。外から加えた油では、本当の艶は出ないのですね。

 

 

 
 
うなはだけつ、は、女性ホルモンとの関係も大きく、生理周期、妊娠出産期、授乳期、更年期、閉経後と
 
 
 
女性肌の一生は、ホルモンに翻弄されます。
 
 
 

正しいお肌手入れをすることで、うなはだけつを実現させ愛され肌へ

 
 
 

モイスティーヌでは、正しいお手入れをお伝えし、本当の素肌美へと導きます。

なにが今のお手入れの問題なのか?アドバイザーにしっかりカウンセリングしてもらいましょう

 

心と身体の美と健康に役立つ情報をお届け「Visione」公式LINE

この記事を書いた人

Harumi

Visione代表 中原晴美です。心と身体を統合し真の魅力を引き出すことで、 自分に自信を持ち、希望に満ちた人生を送る人を増やす事が志です。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

心と身体の美と健康情報をお届けします

登録はこちら 登録はこちら arrow_right
PAGE TOP