Visione

老廃物を効果的に排出する方法(内側編)

LINEで送る
Pocket

ホリステック・ライフスタイリストHarumiです。

約 8 割が「肌の奥に老廃物が溜まっている感覚がある」と回答

 
 
 
 
 
 
多くの女性が、現代のストレス環境の中で、肌の代謝が鈍りがちになり、老廃物が溜まっていると自覚していることが分かりました。
 
 
参照HP
 
 
老廃物というと、ゴミ?汚れ?というイメージですが、身体の中では、古くなった細胞、代謝の過程で出る代謝物のこと
 
 
 
具体的には、尿酸、尿素、乳酸、クレアチニン、フケ、アカなどです。 排出されるのは、およそ95%が便や尿から、残りが汗や毛、爪から排出されるとされています。
 
汗、毛、爪、などから排出される表面編はこちらのブログで書きました。
 
 
 
 

身体の内側では老廃物はどうやって、排出出来るのでしょうか

 
 
身体の内側でいらなくなった老害物は便や尿となって排出されますが、老廃物を運んでくれているのが、血管とリンパ管です。
 
血管は、食べたものを栄養素に変えて、細胞まで運んでくれますが、細胞からいらなくなった老廃物も血管に取り込み、運んでくれるのです。
 
その時に、取りこぼしたものを拾ってくれるのがリンパ管。
 
 
 
リンパと毛細血管は、一緒に働いているんですね。
 
 
 
 
血管やリンパの働きが悪くなると、細胞に新しい栄養も届かないし、老廃物がたまります。
 
これが、代謝が悪い、という状態。
 
老廃物が溜まりやすいということは、代謝が悪いという事でもあるんですね。
 
 
 
 

血管やリンパの働きをよくするにはどうしたら良いのでしょうか?

 
よく、ギューギュー押したり揉んだりする方法がありますが、実は毛細血管もリンパ管も本当に細〜いので、力をかけてしまうと、むしろ逆効果。
 
 
 
歴史的に、強い力で揉んだり、叩いたりして、身体のコリをとったり、血流を上げたり、リンパを流したりということが、身体に良いとされてきていますが
 
最近の研究では、そのような力をかけることがむしろ、細胞や血管やリンパ管、そして筋肉を傷つけ、その場はたしかに血流は上がるので、良くなった気分になれど、
 
むしろ逆効果であるということが、解って来ています。
 
 
 
 
身体はもっともっと繊細。
 
 
ほとんど感じないほどの刺激、特にお顔のように皮膚の薄い箇所では、まったく感じない刺激で流す事で、代謝を促し、老廃物を排出させます。
 
 
強すぎるマッサージは逆効果

 

せっせとお手入れしているはずが、未来のシミをつくっているかも?

 
 
 

血流を流す方法2つのパータン

 
 
  • 交感神経を優位にする
    まずは太い血管を流すには、やはり運動!心拍を上げしっかり血液を全身へ

 

 

  • 副交感神経を優位にする
    運動だけでは毛細血管への血流の流れは良くならないのです。リラックスした状態、睡眠、など、副交感神経を優位にすることで、しっかり細胞に血液を届けてくれます。

 

 
瞑想もとても効果的、中原は毎日15分瞑想の時間を取っています。
 
 
 

リンパを流す方法

 
 
リンパのスタートは指先の末端。足先や指先がスタート地点で筋肉の動きに沿って流れます。ですので、ずっと座ってデスクワークなってしていると、脚がむくみ、身体がむくみ、顔がむくんでしまうのですね。
 
 
  • 軽く運動することでリンパの流れが良くなる
  • 血流を良くするで、血管のそばに走っているリンパ管の流れもよくなる
  • ごくごく弱いちからで、末端から中心部に向かってマッサージする(顔はだめ〜!)
 
 

お肌の老廃物を内側から出す

 

 

 
睡眠
運動
リラックスとアクティブのバランス
 
 

そして、お肌には刺激と感じない血行促進が大切なんですね

 

身体の仕組みを楽しく簡単に学べる方法

 

はたらく細胞

 

という漫画ご存知ですか? アニメにもなっていますが、なんと主役は赤血球なんです。

リンパ球や、白血球達と元気に身体の中で働いています。

とくに、細胞の中で一番数が多い、赤血球は、宅急便のように、栄養や酸素を細胞に運び、老廃物を受け取ってまた駆け巡って行きます。

わかりやすくて、面白いのでぜひ手にとってみてください

 

 

 

 
はたらく細胞ブラック   

文字通り身体自体がブラック環境で働いていて、身体の中の細胞の働く環境も劣悪なブラック!

 
そうなると、細胞達はどうなるのか?
そして身体はどうなるのか?

大人には、とてもリアルなストーリーです。

 

 

肌には刺激と感じない血行促進

 

 

美容の技術はほとんどが、血行促進を目的としています。

マッサージ、美容機器、ホットタオル、顔ハリなどなど。

でも、ほとんどの場合は、刺激となってしまいます。

 

肌は刺激を受けると、メラニンをだしてシミを作ってしまったり、固くなってしわになったりしてしまうので

絶対に肌に刺激を感じさせてはいけないのです!!

モイスティーヌ素肌美容法では、肌に刺激を感じさせない美容器でのお手入れしているのは、「お手入れ自体がシミやしわをつくらない」という事にこだわっているからなのです。

 

 

お弁当箱のようなこんなシンプルな美容器で、一日一回、肌に刺激と感じさせることなく、血行を促進させることが出来ます。

肌に感じない刺激って?

感じないのに、血行があがるって?

どのぐらいの時間、どんなふうにやるの?

体験してみないとわからないですよね〜!ぜひサロンにいらしてみてください

 
こればかりは、体験していただかないと、わからないので、このブログからのお申し込みの方は、体験を無料でしていただくことが出来ます。

内側の老廃物を流すケアを、よかったら体験してみてください。

 
表面編はこちら

この記事を書いた人

Harumi

Visione代表 中原晴美です。心と身体を統合し真の魅力を引き出すことで、 自分に自信を持ち、希望に満ちた人生を送る人を増やす事が志です。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

心と身体の美と健康情報をお届けします

登録はこちら 登録はこちら arrow_right
PAGE TOP