Visione

モイスティーヌって高いの?高級イメージで近寄りがたい

LINEで送る
Pocket

モイスティーヌって高いの?

「モイスティーヌって高そうなイメージ!」
「モイスティーヌのサロンは高級な感じで私には近寄りがたい」

愛用のお客様が、お友達にそんなふうに言われたとお話をうかがいました。

 

高い、高級。

 

 

私達はなにを基準にそんなイメージを持っているのでしょうか?

確かにモイスティーヌはテレビコマーシャルに流れたり、最近では、女優さんやモデルさんが愛用として女性誌にも取り上げられているので、高級イメージがあるかもしれません。

 

 4つのお金の使いかた

 

突然ですが、お金の使い方には4つある、とご存知ですか

 

  • 消費:日々生活していく上で欠かせないモノの購入や使用料。家賃、食費、交通通信費、水道光熱費などが該当します。

 

  • 浪費:必要以上の贅沢や、無駄な出費。1度も使わなかった衝動買い品代、馬券代など賭け事の支出などが該当します。

 

  • 投資:後々リターンが見込まれる投資費用。株式投資や貯蓄、スキルアップのためのセミナー費、書籍費などが該当します。

 

  • 空費:自分を見つめなおしたり、心のゆとりにつながる出費。趣味、旅行などの支出が該当します。

 

 

私は4つ目の「空費」があることを知らなかったのですが、確かに、なるほど、消費でも浪費でも投資でもない、自分の人生に必要不可欠な支出は大事ですよね。

 

人生を豊かにするには、4つのお金の使い方の優先順位をつけるということが大事なようです。

 

高い、高級、と一般的に言われているものでも

 

  • 洋服やアクセサリーにはお金をかけるわ!だったり→浪費
  • 年に一回の旅行は贅沢に!だったり→浪費?空費?
  • 豪華なレストランでの食事→消費?浪費?空費?

 

同じ場所にお金を使ったとしても、その目的は人によって違いませんか?

大事なことは、自分が、

 

4つのどのカテゴリーとして、そのお金を使っているのか?バランスは取れているのか?

 

ということですよね。

 

 

消費と浪費ばかりで、空費も投資も、していないと、未来はどうなるでしょうか?

心と身体の健康と経済がやせ細っていくかもしれません。

 

 

心と身体への投資

特に、心が強く健やかであるための、投資や空費はとても大事だとおもいませんか?

 

実は身体のケアをすることは、年齢を重ねても、体力気力を保つ事ができて、心のケアにもなります。

 

身体を整えるエクササイズや食事の質にこだわることは、空費であり、
生涯病気にもなりにくく、仕事を長く続けられる=お金を生む 投資なのです。

モイスティーヌに出会った時に、

これは投資だ!!

と思いました。

 

 

 

今まで使って来たお化粧品は「消費」でした。

 

 

 

塗って、洗って、塗って洗って特にお肌には変化はなく、年々老化は進んでいく。

 

 

でも、モイスティーヌは、使って、翌日に「あれ?」なにか違う

 

1年後 写真を見比べる 「あれ?なにか違う」

 

年々身体は老化しているはずなのに、エクササイズをし食事の質に心がけていれば、老化を感じさせないのと同じ様に

 

モイスティーヌでお手入れを続けていると、

老化が気にならない

とお客様が皆さん言ってくださいます。

 

価値あるお金の使い方

 

投資とは 後々リターンが見込まれる  お金の使い方でした。

 

モイスティーヌが投資だと思えたのは、3年後、5年後のお肌が、今よりも自信が持てる、そんなリターンが得られるお金の使い方だと思ったからです。

 

高い、高級、というのは、お一人お一人の感じ方です。

価値ある使い方が出来ると感じられれば、高いとは思われないでしょう。

 

ただし、一つお伝えしたいことは、投資というのは、コツコツと続けていくと、長期的に大きく育つもの。

 

一晩でシミが消えたり、1週間でたるみが上がったり、ということは、外科的な処置でなければ難しいです。

 

コツコツまずは、3ヶ月。そして、1年、さらには3年。

 

毎日の積み重ねで、健やかで美しい肌を保つことが出来る、モイスティーヌはそんな「美肌投資」なのです。

この記事を書いた人

Harumi

Visione代表 中原晴美です。心と身体を統合し真の魅力を引き出すことで、 自分に自信を持ち、希望に満ちた人生を送る人を増やす事が志です。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

心と身体の美と健康情報をお届けします

登録はこちら 登録はこちら arrow_right
PAGE TOP