Visione

リスタート品川祐の新作映画の試写会にて、弟の監督映画で不覚にも

LINEで送る
Pocket

次弟が監督した映画「リスタート」の試写会に長女と一緒に行ってきました。監督脚本品川祐 音楽HONEBONE 出演 EMILY SWAY

昨年撮影して公開の予定だったらしいですが、コロナの影響にて今年になったようです。

 

試写会の初日ということで、仲間のお笑い芸人や役者さんたちも結構いらしたみたいですが、皆さんマスクで全然解らなかった〜。客席は一席おきしか座れないので、本当に少ない人数。

 

試写の前に久々に会った弟と写真でも〜と、主役のEmilyさんと、ってなった時に、一緒に写っていただいた品田誠さん。

 

映画では、とても重要な役で、しかも帰宅して調べたら監督なんかもされていて、存じ上げず恐縮です〜!

 

 

 

 

魅力学研究家 Holistic Lifestylist  Harumiです

魅力人でいこう!人生を最後まで楽しむ  ホリスティックライフを提唱中

 

 

映画のあらすじ

 

 

シンガーソングライターを夢見て上京しながら、夢破れて故郷に戻った女性の再生を描いた。

 

シンガーソングライターを目指して上京したものの、不本意ながら売れない地下アイドルとして活動していた未央は、意図せず起きた有名アーティストとのスキャンダルにより、世間からバッシングを受けてしまう。

 

夢に破れ、傷ついた未央は、故郷の北海道・下川町に帰ってくるが、家族や友人とも上手に接することが出来ずにいた。そんな中、同級生の大輝が未央を思い出の場所へと連れ出す

 

公式サイトより

 

 

 

 

 

リスタート 一観客としての感想

 

リスタート って、コンピューターで使う「再起動」。もう一度やり直す、新たに始めるっていう意味。

 

やり直すって、ことは、一度は始めたけどうまく行かなかったってことですよね?

 

昨年からのコロナ禍で、主人公のように、夢破れたり、いままで大事にしていたものを奪われたり、期待して歩いていたはずが、はしごを外された形になったりしている人は多いはず。

 

何度も出てくるどん底という言葉。

 

どん底って、どこだろ。それぞれのどん底は、人によって違う

 

何もかも失っても、命だけはある。と思える人もいれば、夢や財産や地位や知名度、持っていたモノを失ったことがどん底という人もいる。

 

 

私は、どん底という経験をしたことがありません。手取りが3万円しかない貧乏な美容師時代4畳半の風呂なしアパートで、鍋でお湯沸かして髪を洗っていた頃が

 

私の人生の経済的などん底だったけど、不幸だとは感じてはなかったかな。夢も希望もありましたしね

 

人は、希望を無くした時に、何よりのどん底を感じる

ユダヤ強制収容所で生き延びた心理学者フランクは、現実に希望を持ったか持っていないかが、過酷な収容所での生死を分けたと言っています。

 

そういう意味で、私は希望をなくすほどの最悪の状況にはなったことがなくて、あまり良くない状況でも、どこかに希望はないか?とすぐに方向転換=リスタートしてたから。

 

主人公は、SNS時代に突然世間の悪評にさらされて、悪意を向けられて、希望を失う

 

家族もいて、経済的にはすぐに困窮することもないだろうし、まだ若くて体も健康でも希望を失う。

 

 

人は、地位、財産、健康、家族、があっても、希望を奪われると、例えようもなく不安になり、不幸を感じるのだな、と改めて感じました。

 

 

それは、美しく才能もあり人気のある俳優が自殺するように。

 

 

幸福が人と比べようとしてもできないようにどん底も人と比べられない。

 

 

だとしたら、どんなどん底でも、どんな希望を見つけられるか?次第で、リスタートは誰でも出来るということなのかな。

 

 

映画の中では、家族や友人が、希望を示してくれる

でも…受け入れられて、慰められて、癒やされる、だけでは、リスタートは出来ないのね。

 

 

希望を持つことを、具体的な方法、行動を、友人達が指し示してくれて、彼女は動き出す。

 

希望を持つって、何よりも大事なことって、改めて感じる映画でした。

 

 

 

 

サポートする人される人  長女の感想

 

 

一緒に見に行った長女。

 

もともと、他人の感情に共感力が強いのか、相手へ共感しすぎて、怒ったり悲しんだりしてました。

それは、相手への怒りや悲しみではなく、相手がそんな感情を持ってしまうような、環境や社会構造への怒りや悲しみで、自分が苦しんでしまうような人。

 

そのセンシティブさは、母である私には、社会問題を解決しようとする人の魂の嘆き、と聞こえたので

 

だったら、政治家とか、活動家とか、その環境や社会を変える側になりなさい!

 

母としては、慰めずに叱咤激励してました。

 

その後、ヨーロッパを一人旅し、最後は、自転車とテントで野宿(ホームレス?とも言う)で旅して、

 

荷物全部を自転車に積んで、スペイン、イタリア、ポルトガル、フランスを一人旅

 

 

旅人として、出会う人の、ぐちとか、昔語りとか、政治的な発言とか、を、ただ、ただ、受け取る人、という在り方を見つけたようで、

 

受け取る人の存在が、実は人を癒やし、再生し、希望を見出す手伝いになっていると気付き、今は、日本でノマドで、翻訳の仕事をしながら、ボランティア活動に励んでいます。

 

そんな長女の映画の感想は

 

主人公が経験する挫折、どん底、リスタートもよかったけど、家族や友人がそれぞれの形で主人公を受け入れ、支え、励ます姿が印象的だった〜

 

脇役の支える側に共感する〜 そういう存在で有ることを大切にしたい〜!

 

見る視点によって、映画ってこんなに違う観方が出来るんだな〜

 

 

笑うことと、笑わせること 姉目線の感想

 

熱いイイ話、ある意味ベタな映画なんだけど、監督脚本の弟がお笑い芸人だな〜と随所に感じます。

 

仲の良い芸人仲間が出演していることもあるけど、その点ではなく、汚いから見せないような、リアルよりももう少し大げさに切り取る日常。

 

 

通常の映画ならイメージとして見せる本筋と関係ない場面を、ちょっと長めの時間かけてしつこく見せることで、現実に私達が日常的に感じる、ウザさ、「ああ〜〜あるある〜」みたいなやや斜め下気味の共感が笑えてしまう。

 

そんな、コントの中で培われた、くすっと笑えるツボが随所にあって、祐の映画だなあ〜といつも感じます。

 

 

 

日常におかしみを見出すって、とても大事だと思うんですよね。

 

何を観て、何を聞いて、面白いと思えるか、は、まさにその人の価値観が現れる

 

小学生の男子は、うんこ、って言うだけで、笑える

お母さんは、それを、いやね〜って、思う

 

うんこって騒いでいる小学生と顔をしかめているお母さん  その二人を観て面白いと思う

 

 

どの立場で何におかしみを見いだせるか

 

 

ちょっとうざかったり、汚かったりするところに、おかしみを見いだせるって、人生を深くするんじゃないかな。

 

 

人生は、そんなにいつも綺麗でスムーズではないからこそ、小さなネガティブを笑いに変える力って、心の体力がつくように思う。

 

 

笑う力は鍛えたほうがいいよね。

 

 

そして、笑わせる力を持つ、芸人ってすごいなと思う。

 

 

9年前妹が亡くなって、一週間亡き暮らし、通夜の席でもずっと泣いていた弟が、

「今から仕事にいく」と言って葬儀をあとにした時

 

「今、笑う事も出来ないのに、これから、人を笑わせにいくんだなあ」と、弟ながらすごいなあ、と思ったことも。

 

ブログ 妹へのメッセージ

 

 

希望力とサポート力

 

 

私には、弟2人妹1人いて、4人兄弟の長女です。

 

祐が生まれた時、退院してすぐ。

おかしな話かもしれないですが、私は、弟妹3人をとても尊敬しているんですよね。

 

 

尊敬って、日本語だと重いど、respect=尊重、もしくは、proud of them=彼らを誇りに思っているんです。

 

なぜかというと、

 

 

弟二人の「希望」の持ち方が半端ないから。

そして妹は、「支える」力量が半端なかったから。

 

 

 

弟達の「希望力」は、大風呂敷を広げる、大口を叩く、俺様発言、生意気、偉そう、なんて、言われて、特に若い頃は、それで損したり、嫌われたりもしてきたみたいですけど(あ、嫌われ芸人としての認知はかなり高いですね〜)

 

その希望力は、原動力となって、行動する力、巻き込む力も、強いもんだから、年齢を重ねて、50代にもなってくると、

 

それなりの結果を出し、周りにも認めてもらえて、彼らの「希望力」に賛同してくれる人がたくさんいるから、なおさら、希望の実現が出来るようになってきているようです。

 

 

この映画も、クラウドファンディングで、目標の2倍を集めました

 

 
クラウドファンディングで瞬く間に目標額の2倍を達成、驚異の熱量で制作が実現!
 
お笑いコンビ・品川庄司として活躍する一方、映画監督としても才能を発揮し『ドロップ』『漫才ギャング』など数々の話題作を送り出してきた品川ヒロシ。
 
自身初となる、女性を主人公に据え、北海道・下川町を舞台に描いた本作は、クラウドファンディングで目標金額を大幅に上回り、多数の支援者による圧倒的な熱量で制作された。

公式HP

 
 

 

 

妹は、あんまり希望力のある人ではありませんでした。小さな頃から人懐っこくて、近所のお年寄りの家に上がりこんで、長話をしていたり、

 

新幹線で移動すれば、遠くの席で「ええ、ええ、うちの母は離婚しましてね」なんて、知らない女性と打ち解けているような子供。

 

 

 

 

なぜか若い時から、友人知人に周りに死がつきまとい、

 

「20年間毎年喪服を着ているんだよ〜!」となんの自慢?と思うようなことをよく言っていましたが、

 

 

多くの死と向き合うことで、希望を失いがちな人に、寄り添う力がすごかった。

 

 

4人の中では、希望力が弱い発言から、偉そう、強気な3人はちょっと小馬鹿にしたり、使いっぱしりにしたりと、暴君ぶりを振り回してましたけど

 

脳腫瘍で余命宣告された時、彼女の支える力に、私達がどれだけ力をもらっていたか?に気付かされ

 

 

長弟は20年住んだLAから帰国、一足先にNYから帰国して大阪に住んでいた私も東京に移住、20数年ぶりに4人が揃ったのは、『妹のため』でした。

 

再発し、余命2ヶ月の時の結婚式

 

病気ゆえに、あれこれ好きなことをいう妹に、立場は逆転し、3人とも女王様に仕えるがごとく2年間をすごしました。

 

 

さらに驚かされたのは、葬儀に、一般人としてはありえない500人超えの参列者が来てくださったこと。

 

 

妹の死で、これからどう生きていけばと、泣き崩れる方がたくさんいらして、

 

 

彼女の「支える力」が素晴らしかったことを、家族は死して始めて知ることになったのです。

 

 

実は、妹は周りに沢山の「希望を与える存在」としてのパワーがすごかったのだと。

 

 

希望力とサポート力は、相対するものではなく、大きなパーツになったり、混じり合ったりして、人生を希望で切り開きながら、周りをサポートし、サポートされる事で周りの人の希望を高める。

 

リスタートは一人では出来ない、人は繋がりあって生きていく。

 

祐の映画の中に、私達家族在り様のパーツが入っていました。それは彼自身の中にあるパーツでもあるからなんだろうな。

 

 

では私は? と、自分の価値観を考えるチャンスとなりました。

 

私の希望力とは なんてことも書いてます

 

 

そんな映画の見方をしてみるのも、面白いかも?

 

 

ちょいネタバレ

 

最初の写真にご一緒した品田さん。映画の中では、彼の娘役としてヒロシの娘で、私の姪っ子の琥珀が出演してました。

 

当時10歳の琥珀ちゃん、映画デビューしちゃってます〜!

 

 

弟品川ヒロシ監督の他の作品

 

 

ドロップ

 

同名の小説の映画化。半分リアルです。長弟も妹(祐にとっては次姉)も出てきます。

 

小説は妹が編集を担当。兄弟で作り上げた作品とも言えるかもしれません。

 

映画は、私達家族にとってはリアルな出来事もたくさん映像化されていて、始めて観た時は苦しくて苦しくて、まともに見ることができませんでした。

 

 

あの現実を、作品として形にした、弟と妹の覚悟は、すごいな、思ってます。

 

 

 

漫才ギャング

こちらも、同名小説の映画化、やはり編集担当の妹と作り上げた小説。半分リアルなのかな?

 

暴力シーンがかなり長くて、苦手な人もいるかも。
でも、役者さんってお笑いやっても、ちゃんと芸人になれちゃうって、すごいなあ!と思わされる。

 

 

 

 

サンブンノイチ

こちらは、祐の原作ではなくて、同名小説の映画化。もう俳優さん達のパワーがすごくて、エンターティメントとして、最高に面白いです。
上の2つは、随所に家族としてリアルなエピソードが入ってるから、別な感情が湧いてしまったけど、

この作品は安心して見れるという、家族ならではの感想ですが。

 

 

 

Zアイランド

すみません、観てないです!
ゾンビものなのです。ホラーとか、ゾンビ、苦手で〜!

 

 

妹は、祐が売れない時代から、ライブのチケットは必ず買って友達に売ったり、テレビに出たら全部録画して、NYの私にまで送ってくれてました。

サポート力があったんだなあ〜やっぱり。

おまけ 藤森さんのMTV プレイボーイ

 

オリエンタルラジオ 藤森さんのMPVを監督してます
長弟が制作。二人とも映像の業界にいるので絡んでいるから羨ましい。

 

 

 

 

こちらも、綺麗なんだか、かっこいいんだか、笑わせたいのか、藤森さんと祐の芸人コンビならではの作品ですね〜。好きだわ〜

何気に、中田さんのYou Tube大学のファンだし、藤森さんのサウナーっぷりもファンです。

 

 

長弟の職権乱用が羨ましい〜〜!

 

 

 

まとめ

 

 

リスタートは、今この時期に本当におすすめです!!

 

 

コロナ禍で、価値観や生活様式が変わり、いろんな意味で夢破れている人も多いと思います

 

どん底を感じているかもしれません。

 

 

でも、希望を見つけることができれば、どん底は最高のスタート地点!!

何度でも、リスタートする勇気をくれます。

 

 

 

そして、誰かがどん底にいたら、希望をサポートする心持ちをいつでも持っていたい。

 

 

 

私にとってはそんな映画でした!

 

実は、かなりかなり、泣いてしまった〜!!不覚〜!!弟め、やるじゃん。

 

 

最後になりましたが、Emilyさんの、歌唱力。初めてだというのに、演技力!!

リスタートの、サビがず〜〜っとリフレインしてます〜!!Love♥

 

7月16日からロードショー 公式サイト

 

まずは、オンラインにて無料カウンセリングから始めてみませんか?公式ラインからお申し込み出来ます。

 

 

 

 

公式Line

魅力磨き習慣で成功と幸せを

 

 

 

56歳で、半年で13キロ痩せた!習慣とマインドとは?

30年べったりメイクのプロ美容家がすっぴんになった習慣とは?

子供3人と仕事の両立、仲良し別居結婚、華やかミニマリストな暮らしとは?

有名人一家に生まれた苦しさに、負けないメンタルの作り方とは?

 

肌ケア、仕事術、子育て、心の整え方、身体の整え方、経済的自立、美住環境

 

毎日の魅力磨き習慣が自己肯定感を育て

幸せと成功を手に入れた理想の姿、魅力人にあなたを変えます。

 

でも習慣ってどうすればいいの?何から始めたらいいの?

 

無料オンラインお悩み相談を募集中! 

 

公式ライン登録プレゼント!!

 

今のあなたの肌体力は?肌タイプは? 15個の質問に答えるだけで あなたの肌タイプがわかる肌体力診断テストを差し上げます。

 

 

この記事を書いた人

Harumi

Visione代表 中原晴美です。心と身体を統合し真の魅力を引き出すことで、 自分に自信を持ち、希望に満ちた人生を送る人を増やす事が志です。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

心と身体の美と健康情報をお届けします

登録はこちら 登録はこちら arrow_right
PAGE TOP