Visione

EXITりんたろーさん おブス芸人のチャレンジ

LINEで送る
Pocket

おブス、ブサイク芸人と言われる、男性芸人達は、さすがに芸人になるだけあります!

そんな自分を愛しながらも、個性としての自分を磨きつつ、芸にもし、笑いを取る姿が、段々かっこ良く見えてくるようです。

 

美容は生き物だ(EXITりんたろーさん)

たまたま出会った、EXITのお二人のデュエット動画。

 

ふたりともめちゃくちゃ歌上手です〜!チャラい芸人でブレイクしたけど、コメントも実直で男前、歌も上手と、本当に芸達者。

 

そういえば、芸人さんって歌上手い人多いですね。

 

で、この動画です。

美容師としては、男性でもココまでアイロンで丁寧にスタイリングしているんだ〜!と関心しながら見ていましたら

 

其の中のセリフが素敵!!

 
 

 

かっこいいあの人、可愛いあの子、は、「いいな〜」なんて言ってるけど、絶対になにかやっているですよ。

 

僕らみたいな、残念男子、残念女子が何もしないなんておかしいじゃない!

 

オブスはおしゃれしちゃいけないなんて決めたんですか?

 

顔なんて一つの価値観でしか無いんですよ!
おブスが立ち上がる時!!

 

 

と、自分の容姿を嘆く前に、自分が何を努力するのか?と問いかけてくれる、りんこちゃん😂。

 

りんたろーさんが、おブス?と思う人も多いと思います。

「よしもと男前ブサイクランキング」ではブサイク部門で2位となり、男前部門では5位 と両方にランクインしているとか!

つまり人気があるってことですよね

 

外見を磨いたら仕事が増えるし、テンションも上がる。いいことしかない! 

との雑誌のコメント。

 

やはり、自分に甘んじないで、自分をもっと好きになる努力をされている人は、さらに磨かれていきますね。

 

いまや、人気がすごいですものね。

でも、私的には、りんたろーさん、お肌ケアにすごい時間かけているので、もっとシンプルなお肌ケア、モイスティーヌ素肌美容を伝えたいけどね〜

 

 

ブスでも自分の顔が好きなんだよー(品川祐)

 
 
弟の品川祐ががアメトーークで、周りの芸人さんに
 
鏡で自分の顔を見る回数が多い
 
と言われた時の返し。(#^.^#)
 
 
※ 実弟です。
 
 
以前のアメトーーク!! 「ありがとう品川」にてのセリフ
 
こちらもぶよしもとブサイクランキングには何度もランキングしていましたが、自分が大好き!
 
 
格闘技や英語など、自分がやりたいことに向けて、かなりストイックに自分を磨くタイプです。
 
そのストイックさは、姉としても見習うところがあります。
 
自分への探究心が、ひいては、お笑い=人がなにを面白がるのか?という、人間探求につながっているのかもしれません
 
 

ナルシストですがなにか?

 
 
ナルシストって、「自分は美しい」とうっとりすることですけど、例え、世間的価値、客観的価値、時代的価値において美しい の規格から外れていても、自分は好きだと思えているという事、とても大事ですよね
 
 
NY時代に

晴美さんって自分で自分のことを綺麗だと思っているでしょう?

はい!!100%そう信じています、そしてまだまだ伸びしろがあると思っています!!

あなた、目鼻立ちが決して良いわけではないけど、イイ女オーラだしているからそう見えるんだよね。それは自分でそう思っているから

 
 
美意識の髙い、トップヘアスタイリストにこう言われました。
 
 
 
 
自分が自分を好きでないと、誰が好きになってくれますか?
  
自分が自分で、綺麗だと認めて上げないで、誰が綺麗と思ってくれますか
 
 
 
自分を好きで、自分を褒めて上げていると 「好かれる自分」がスタートです。
 
 
 
欠点よりも、素敵なところがたくさんあるはず
 
 
「おっ、いい顔している!綺麗ね!」と
 
 
 
鏡で自分に声かけするところから、毎日を始めて欲しい!
 
私の美容家としての願いです。

誰かと比べるのではなく、

 
まだまだ自分が魅力的になれる伸びしろを丁寧に、磨いていく。

 
 

ブスいじりについて

 
ブスいじり、って言葉ご存知ですか?
 
 
お笑いの世界では、ブスとか、太っているとか、背が小さいとか、毛が薄いとか、身体的特徴を笑うという技法、昔から使われていますよね。

 
芸人の皆さんは、笑わせることを本当に突き詰めていらっしゃるから、武器として使って、ブスいじりは美味しいと感じる、それこそプロ根性!
 
 
渡辺直美さんも、最初に出てきた時は、本当にあの体型だけでも、笑いが取れる感じでしたが、いまや押しも押されぬトップモデル。
 
 
世界の名だたるブランドが彼女を起用しているのは、その自分を徹底的に魅力的に見せる努力のたわもの、まさに芸人として自分という武器を磨き上げていると感じます。

ユリアンさんとのコラボ、あのレディ・ガガと、アリアナ・グランデのパロディもここまでやれるとすごい〜〜

 
 
たまに一般人でも自虐ネタで、笑いを取る、人っていますよね。
 

でもね、それは、自分が納得して、自分でいうから、自分でそういうポジションを取るからこそ面白いし、むしろ魅力的に見えるんですよね。

 
 
 
第三者が勝手に「笑いものにする」というのは全く違う。

悲しいかな、テレビの世界の芸人の話術を一般の人が他者に対して使う時、

 
それは差別になります。相手の心と身体を傷つけ、人生の光を奪います。
 
 

そして、ついつい自分の自虐で笑いと取ってしまう方へ

 

私達は芸人として芸を磨く必要はないのではないでしょうか?

自分を貶めて、他人を笑わせて、自分も相手もなにも良いことは起きません

 

自分を褒めて、相手を褒めて、双方心地よく、慢心することなく、さらに成長しあう関係。大爆笑はなくても、そんな人間関係を深めるほうが、人生が豊かではないですか?

 

私もついつい自虐ネタ的な事を言いがちな人間ですが、自分を貶めてまで、相手を楽しませる必要なんてない。

 
 
 
せいぜい、老眼鏡を頭の載せたまま、探し回っているボケ加減を自虐して笑ってもらう!ぐらいにとどめています。(なんだそれ😂)
 
 
 

自分の容姿は魂の入れ物

 

 

自分の容姿は身体の一部。魂の入れ物、生命の入れ物です。

 

自身が大事に扱う事で、魂を活かしていく人生を送りたいですね。

 

 

お肌との向き合い方から自分を大事にする方法もお伝えしています。

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

心と身体の美と健康情報をお届けします

登録はこちら 登録はこちら arrow_right
PAGE TOP