Visione

男性の肌ケアに新しい常識? モイスティーヌは男性も使えるの?

LINEで送る
Pocket

ホリステック・ライフスタイリストHarumiです。

 

モイスティーヌは男性も使えるの?

コスメや美容、というと男性には無関係と思われるかもしれませんが、男性ユーザーもとても多いです。
 
ニキビ 肌荒れ 髭剃りまけ 肌の印象はビジネスにも重要

 

実は全国には男性のアドバイザーもたくさんいるんです。
 
美容の世界で、ヘアやメイクなど、クリエイティブな分野では男性も多いですが、お肌ケアアドバイザーの男性がいる美容法は少ないかも?
 
 
モイスティーヌは、正しい肌の仕組みを学び、実際の毎日の習慣に落とし込むことで、お肌結果を出し、未来の自分を作る事になる。
 
 
まさに、男性がスキなジャンルのようです。
 
 
 
女性がコスメや、美容を選ぶ時は、かわいい、いい香り、デザインが素敵、気持ちが良い、触った感じがスキなどなど感覚的に自分の好みで選ぶ方が多い傾向にありませんか?
 
 
残念ながら、感覚的に「心地よい」コスメや美容法は、何を私達にくれるのか?というと、「心地よさ」であって、「結果と、未来変化」ではないのです。
 
 
男性の方がそのあたりは理論的に納得されるし、やれば効果を感じられるなら、やるしか無い!と思う方が多いようです。
 
もちろん、女性にも同じように考える方はたくさんいらっしゃいます。
 
一般的な傾向として、ね!
 
 

男性と女性の肌トラブルの違い

 
とはいえ、男性と女性の肌トラブルには違いがあります。
ホルモンの関係、ひげ剃りの習慣、そもそも角質層の違い、皮脂量、汗腺の状態の違い。
 
 
 
これも、あくまでも男女の一般的な傾向であり、はっきりの二分するものではないですが
 
 
はっきり違うのは、生理周期=ホルモン変化の影響を受けないということ。
 
 
 
女性の肌トラブルは、どうしてもホルモンの影響をうけ、ニキビや乾燥肌、荒れ肌が改善していくときに、ゆらぎの時期があります。
 
 
男性もストレスによりホルモンの変化はありますし、加齢により変化もありますが、女性のように、初潮から毎月大きな変化にさらされている、ということはありません。
 
男性の特有肌トラブルの多くは、肌荒れ、ニキビ、髭剃り負け、40代すぎてくると、顔色の悪さ、など。
 
 
もちろん、シミ、しわ、たるみ、もありますが、女性のようにじわじわと老化が進むというより、45歳ぐらいから、一気に老化する方が多い傾向にあります。
 
 

男性が間違えやすい肌ケア

 
男性が一番間違えやすいのは、「清潔にする」のやり方。
モテる男性の条件には、「清潔感」がトップ3に入っているようですが、
 
 

清潔にするために、もちろん ゴシゴシ洗ってます!なんならアルコール入のシートとかで清潔にしています!
 

ああ〜〜実はそれがお肌トラブルの元なのです!!!

 
 
汗や皮脂、汚れなどは、ゴシゴシ洗ったからと言って取れるわけではなく、正しい洗顔でまったくこすらなくても取れます。
 
 
お掃除と違って、強く剥がす、ということをすると、お肌の表面が傷つくだけでなく、肌は生きているので、さらに固くなって守ろうとしたり、皮脂をだしたり、メラニンを出したりします。
 
 
 
 

きれい好き我が家のダディの失敗

 
 
なんと!!
 
我が家のダディは、メラミンスポンジ(お掃除用の研磨スポンジ)で、顔をごしごし擦ってしまいニホンザル状態!

真っ赤に炎症を起こし、しばらく治らなかったという過去があります😞

 
 
 
なぜ美容家の妻をもちながら、「キレイにしたい」という思いがあるならば、聞いてくれなかったのかな〜と思ったりします。
 
そう言えば、過去にも、夏ビーチでバーベキューパーティという前日、身だしなみと思ったのでしょうか、小鼻の毛穴を剥がして取るタイプのシートを使ったところ、
 
毛穴が敏感になっていたからか、翌日紫外線と塩分のダブルパンチで、2週間ほど、お鼻が腫れ上がってしまったことがあります。


本人の画像ではありません。こんなもんじゃなかったです〜〜〜!

 
 
 
若かりし新婚の頃、ホームパーティでウエディング!ダディもお肌つるつるだったなあ〜
 
※ダディは料理人で、包丁研いだりシンクを磨いたりと、キレイにすることに情熱があるタイプなので、時々顔にも同じような意識が働くようです。(・・;

 
ダディの名誉挽回!!

20年前、情熱大陸に出演しました〜!

 
私も36歳だから若いなあ〜!
 
 
 
 

ニキビ男子、就活、ビジネスマン

 
サロンにいらっしゃる男性のお客様は、「キレイになりたい」という方よりも、トラブルを改善したい、という方が多いです。
 
繰り返すニキビ、皮膚科の処方でもなかなか改善しない
就活の写真、面接、肌荒れやニキビをなんとかしたい
ビジネスは見た目が9割!とくに、営業職や、管理職は、活力に満ち自信にあふれた外面が大事なのに、顔色が悪かったり、乾燥感があって、疲れた印象、敏感肌もお悩みです。
 
 
 
 

正しい知識と方法論は男性のほうがハマる

 
 
サロンにて、正しい肌知識をお伝えし、今あるトラブルのメカニズムを説明し、どうやれば改善するのか、何をすると予防になるのか?を丁寧にお伝えします。
 
コスメなんて買ったこともない、せいぜい保湿のクリームを適当につけるだけ、だった男性達も
 
 
 
 
  • サイエンスっぽいボトル、
  • 化粧品っぽい香りがない、
  • 使用量、頻度、タイミングなど細かいレシピ
  • 一日5〜10分程度
  • エステなどに行く必要がなく、毎日自分でできる
 
 
というモイスティーヌのお手入れを、レシピを見ながら楽しんで続けてくださいます。
 
 
 
これからは人生100年時代。
 
 
 
身体を鍛えたり、食事に気をつけたり、肌を通じて顔色や見た目の印象を変えていくことは
 
 
QOL=クオリティオブライフ=人生の質を上げていくために必要な事だと納得してくださる方が多いのです。
 
 
 
ぜひ、正しいスキンケアを学び、理想の未来を手に入れてください。
 
 
男性こそ、まずは体験で納得していただきたい!
 
 

この記事を書いた人

Harumi

Visione代表 中原晴美です。心と身体を統合し真の魅力を引き出すことで、 自分に自信を持ち、希望に満ちた人生を送る人を増やす事が志です。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

心と身体の美と健康情報をお届けします

登録はこちら 登録はこちら arrow_right
PAGE TOP