Visione

NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私的な生き方って? シーズン5が待ち遠しい

LINEで送る
Pocket

NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち をアマゾンプライムで見ました。あー私ってやはり、NYスタイルだなあと、思ってしまいました。
 

 
 
 
SATCよりも、ゴシップ・ガールよりも、このドラマに一番共感出来ます〜!こちらもおもしろかったけどね〜
 

 
 

魅力学研究家 Holistic Lifestylist  Harumiです

魅力人でいこう!人生を最後まで楽しむ  ホリスティックライフを提唱

 

ドラマの舞台

 

 

 

舞台はNYの雜誌の編集部。新しい女性像を描き、若い女性たちが、ファッションとセックスだけじゃなく、政治や社会問題も含めて、いろんな生き方をお互いに尊重しあえる世界を作っていこう〜という編集長のもと、

 

 

3人の主人公が、プライベートでも仕事でも模索しながら、励まし合って生きている世界。

 

いや〜アメリカのドラマにはまると、時間が本当にあっという間に過ぎてしまうので、はまらないようにしていました。

 

でも、久々にNYが舞台のドラマのメッセージから、私が18年過ごした空気を改めて感じて、忘れていた自分を思い出させてもらえました。

 

 

NY舞台で有名な、セックス・アンド・ザ・シティ がありますが、ファッショナブルすぎ、ヨガクラスとか、出かける場所もお洒落すぎで、

 

 

いやいや、さすがに、NYのライフスタイルとしては、盛りすぎでしょ〜!

 

 

もちろん、ああいう生活している人もいるんだけど、登場人物たちの仕事のサラリーとのバランスがとれてなくて、あくまで、憧れの世界観って感じでした。

 

 

こちらのNYガールも、もちろんおしゃれだし、ファッショナブルなんだけど、登場人物が20代ということもあって、もう少し現実味がありますね。

 

本当の自分を探す

 

NYにいると、自分のアイデンティティーをいつも問われます。

 

  • 性別は?
  • 国籍は?
  • 宗教は?
  • 話す言葉は?
  • 食の選択の仕方は?
  • 〇〇についてどう思う?

 

 

 

 

最近は多様性への意識が出てきましたが、まだまだ日本では、女で日本人で、無宗教で、日本語で、なんでも食べる、という人が大多数

 

 

NYでは、職場や学校いろんな場所で、

「で、あなたは?」

 

と聞かれる場面がありました。

そこから、

 

本当の私はどんな人間なんだろう?日本で育った価値観、親や学校から与えられた価値観から、本当に解き放たれた自分って?

 

 

という事を考える場面がとても多かったです。

過去を抱きしめて

 

働いていたマンハッタンのヘアサロンには、難民として祖国を捨ててきた人、貧しい国から必死の覚悟で海を超えてアメリカに来た人、祖国の政治的な弾圧から逃れるために移民してきた人

 

 

可能性を求めて、辛く厳しい過去からアメリカに来た人たち

アメリカの中でも、古い価値観で縛られ、苦しめられてきた人たち

 

DVや性被害、差別、さまざまな理由、いや、理由なんてなく蔑まされて来た過去を持つ人たち

自分では変える事の出来ない苦しみを抱えている人にたくさん出会いました。

 

 

日本では、世間体を気にしてなかなかオープンに出来ない事でも、しっかりと向き合ってオープンにすることで、

 

周りの人も一緒に支え合うという文化がありました。

 

失敗をしたとしても

 

 

ドラッグやアルコールにハマって、人生の歩き方を間違えたとしても、「犯罪者」や「失敗者」として扱うのではなく、

 

 

正しく学び、正しく習慣を変え、人生をやり直せば大丈夫

 

 

という大きな優しさがありました。もちろん、厳しく罰することもあれど、人が変わるチャンスを与えてくれる社会でした。

 

 

日本は、優しい国ですが、一度悪いレッテルを貼られてしまうと、挽回のチャンスをなかなか貰えない社会だな〜と感じます。

 

励まして、応援して、背中を押す

 

NYにいた頃、911、テロ、悪天候、交通機関のスト、などなど、日常生活に、様々な困難が起きた時に、NYの人々の力強い

 

 

励まし合い、応援しあい、背中を押し合う
 
 
 
気風に、何度も助けられました。
 

職場の仲間に、電車でとなりあった人に、立ち往生した帰り道の途中で掛け合う声に。

 
 NYは、絶望しない
何度でも、希望を持って立ち上がろうとし、周りを支え、また前を向いて歩いていこうとする
 
 
 
 
NYで出会った名も知らぬ人たちに、私はたくさんの勇気を貰い、NYという街に育てて貰ったと思っています。
 

 

 

NYガールズスタイルとは

 

 

このドラマに出てくる、「スカーレット」という雑誌

 

まさに、そんな時代を牽引する雑誌を目指そうとする、編集長のスピリットが全体に流れています。

ネタバレですが、編集長本人も、性被害者であり、男性社会で女性として働く場所を勝ち取って来た人であり、商業的な雑誌づくりと、新しい雑誌のあり方の間で悩みながら、若い世代を巻き込んで行きます。

 

私自身が、

 

まさにそういう生き方がしたいのだ!

 

と改めて思い出しました。

 

親や学校、国、と、他人から与えられた価値観から、抜けて、本当の自分の見つけること。

 

失敗や過去の過ち、苦難も、抱きしめ慈しみながらも、前を向いて、新しい未来のために行動する力をもつこと。

 

周りにも同じように生きている人と、支え合い、励まし合い、生きる。

 

そんな発信をこのブログで出来たらいいな〜

 

 

私なりのスカーレットを発信していきます!

 

You Tubeラジオはこちら

 

 

人生100年時代を魅力人でいこう!Visioneでは

 

心と身体の美と健康の情報【公式ライン】

 

未来を変える素肌美容法を知りたい方はカウンセリングと体験にいらしてください

 

 

詳細は下記のボタンから

 

魅力人講座 準備中

現在はプライベートセッションを受け付けています

 

  • 魅力開発セッション 心の本質を知り人生の見立てを導く

  • NY流メンタルを強くするレッスン
  • 生命が喜ぶライフスタイルの探し方

 

 

詳細、お申込みはこちらから

 

 

本店モイスティーヌ町田サロン

本店モイスティーヌ町田サロン

〒194-0022
東京都町田市森野1−10−20
MSピークス3F​​

042−850−8489

10:00〜19:00

MAP
MAP

ACCESS

  • 小田急線町田駅より
  • 小田急線町田駅西口改札を出たら右へ。斜め方向の通路を道なりに直進ください。
  • スターバックスに突き当たりましたら右へ。 [西友]前の階段を下ります。
  • 下りるとローソンがあり、そのまま直進。
  • [大原学園]と[湘和会堂]の間の通路を入り、右側2つ目のビル3階です。

契約店モイスティーヌ表参道サロン

契約店モイスティーヌ表参道サロン

〒107-0062
東京都港区南青山3-18-17 
AGビル3F

0120-369-005

11:00〜19:00

MAP
MAP

ACCESS

  • 地下鉄表参道駅からの道案内
  • 表参道A4出口をご利用ください。
    階段を上りきって右に歩き、大きな通りに出る角です。
  • 一階が食器店のビル。奥にあるエレベーターで3Fまでおあがりください。
  • Visione までお尋ねください。

この記事を書いた人

Harumi

Visione代表 中原晴美です。心と身体を統合し真の魅力を引き出すことで、 自分に自信を持ち、希望に満ちた人生を送る人を増やす事が志です。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

心と身体の美と健康情報をお届けします

登録はこちら 登録はこちら arrow_right
PAGE TOP